部署のご紹介
上尾中央第二病院ホーム > インフォメーション > 院内感染予防対策に係る基本方針

院内感染予防対策に係る基本方針

上尾中央第二病院は、良質な医療の提供という理念に基き、患者様及び病院職員に安全で快適な医療環境を提供するため、感染防止及び感染制御の対策に取組むための基本的な考え方等を以下のとおり定める。

  1. 私たちは、院内感染対策委員会を設置します。
    • ・各部門からの代表者で構成する病院長直属の委員会を設置します。
    • ・月に1回以上開催します。
    • ・対策委員会では、院内感染対策の周知及び実施を速やかに行います。
  2. 私たちは、院内感染防止に係る事項を進んで学びます。
    • ・院内感染防止対策の基本、具体的方策について研修会を年2回以上開催します。
  3. 私たちは、院内感染が発生した場合には、速やかに対応します。
    • ・院内感染発生時は、発生した部署の職員は直ちに対策委員会及び病院長、対策委員長に連絡し、対策委員会は、対応策を発案し実施する。
    • ・改善の結果は、対策委員会より全病院職員に周知する。
  4. 私たちは、院内感染報告を率先して提出し、感染の原因追求と改善に努めます。
    • ・感染症発生状況を報告し、対策委員会を通じて速やかに全職員に周知徹底します。
  5. 私たちは、院内感染指針の閲覧に応じ、情報を共有します。
    • ・本指針は、患者さま、家族が閲覧できるものとします。
    • ・感染防止の意義及び手洗い、手袋、マスク、ガウン等の使用についても説明します。
  6. 私たちは、その他必要な院内感染予防への対策を推進します。
    • ・病院職員は、自らが感染源とならないように、健康管理に留意します。
    • ・院内感染対策マニュアルを遵守します。
    • ・院内感染対策マニュアルは、必要に応じて改訂します。

上尾中央第二病院

▲ページの先頭へ